辻占つじうらからのご神託

みなさんこんにちわ〜。

ペレネルフラメル深見景子です。

毎週木曜日は、娘と一緒に習字を習いに行っているんですが

習い始めてもうすぐ2年

うんうん。着実に上達しているね

と、自画自賛

私、割と普段の字も上手だと言われるんですが、

字を上手に書こう!!!

と思ったきっかけがあるんですね。

子供の頃、近所の文房具店で何かの注文のために自分の名前と住所を書いたんですよ。

そしたらね、文房具屋のおばさんに

あらー!きれいな字ね。

今の子は、丸文字とか訳の分からない癖のある字を書く子が多いでしょ?

おばさん、あなたの字好きだわ〜!とってもきれいな字

って褒めてもらったんですよ。

学校でも家でも、自分の字を褒めてもらったことのない私は、大変驚いたんですが

凄く嬉しかった!!!

でね、後にも先にも文房具屋のおばさんに言われたことが、自分の字の美しさを支えていったと思うんです。

さて、みなさんは辻占いって知ってます?

辻占つじうらとは、日本で行われた占いの一種である。

元の辻占は、夕方に辻交叉点に立って、通りすがりの人が話す言葉の内容を元に占うものであった。この辻占は万葉集などの古典にも登場する。偶然そこを通った人の言葉を、神の託宣と考えたのである。辻は人だけでなく神も通る場所であり、橋は異界との境をなすと考えられていた。京都一条堀川の戻橋は橋占の名所でもあった。

これね、古来の占術のひとつなんですが、

自分の悩みの解決法やヒントを他人の会話から得る

んですよ。

一見、

え?こじつけじゃない

それって偶然だよね

と、自分にまったく関係ない他人の話なんて、なんの参考になるはずもない!

と思ってしまいがちですが

いえいえ。

この世は、すべて繋がっていてあなたが求めれば、いつでもそこに悩みのヒントは転がっているのです。

必要なのは、そのメッセージを受けとれるかどうか。

これはね、辻占いに限らずどんな占いでもそうなんですよ!

占い自分の未来をよくするための情報

だと考えたとき、それをどのように受け取って人生に活かすのかは、あなた次第なのです