家族関係に悩む女性におススメの本

昨日の続きで、

今読んでるこの本について

佐野洋子対談集人生のきほん

Amazon

今日は内容についてご紹介します。

私はまだ読み終えていなくて

前半が佐野洋子さんと西原理恵子さん、

後半が佐野洋子さんとリリーフランキーさんとの対談という構成です。

リリーさんさんとの対談の半分くらいのところなんですが、

個人的には西原さんとの対談の方が面白い気がしています。

最後まで読んでないくせに

女性二人のやり取りは、

パワフルそのもの

グイグイ引き込まれてしまうものなんです。

百万回生きたねこについてこの絵本は30年以上のロングセラとなっています

佐野人間も動物だから、一生なんて、息して、ごはん食べて、子供生んで死ぬっていうだけなんだけど、そんな生活の中に、楽しいことや素晴らしいことが、その人なりに詰まっていて、その時間を生きて死ぬだけだと思ってるの。この本に描かれているのは、非常に平凡な人生だけど、平凡な人生を全うするのは、ものすごく至難の業だと思うのね。

男女

西原夫婦げんかって全然かみあってないことって、ありますよね。

佐野そういうむなしいけんかができるのが、生活ってもんだよ。

子育て

佐野一番私を変えたのは出産だと思うし、一番大事なことは、やっぱり子供を育てたこと!仕事よりも、子供を産んで育てたことの方が、ずっと大きなことだったと思うんです。母親は自分の思い通りにならないことだらけでしょ。仕事がいくら大変といっても、周りを説得すれば調整できますよね。でも子供にはそういう論理は通用しないから、ままならないことだらけ。それを経験したことは、大きかったね。

仕事

佐野西原さんも、女も手に職をの人よね。

西原人だもの、働かないで飯食おうなんて、ありえないです。子供を産んだ時に専業主婦をやったんですけど、生涯で一番キツイ仕事でした。365日24時間やって休みなし、給料なし。今までは働いてほめられてお金もらっていたのに。私にとって仕事はすべてですね。無人島に何を持っていくかと聞かれた時に、家族と仕事と健康と答えたことがあります。

ニト引きこもり

西原引きこもりはほとんどが男の子ですね。でもごはんをあげる人がいるわけですから。何年も外に出られないって、途上国ではありえないですね。引きこもりの9割以上の人がパソコンを持っていて、外界とアクセスしてるんですから。

佐野反社会的なことはやってもいいと思ってるの。でも非社会的なことはいけない。ニトは非社会的だよね。

ここにご紹介した部分だけでも、

十分魅力が伝わるんじゃないかな〜と思いますが笑

次回は私の感想などを、

もう少し盛り込んで書いてみたいと思いますので、

もうしばらくこの本のお話にお付き合いくださいませ

DVモラハラランキング