妻島芳郎

1965年

妻島投手と井石選手が十一月三十日、一日と一日ちがいで結婚式をあげた。妻島投手は、高輪プリンスホテルで武田代表夫妻により、山口三千さんという日通勤務のお嬢さんと、井石選手は松浦パリーグ会長夫妻の晩酌によりテレビタレント黒柳徹子さんの実妹真利さんとゴールイン。妻島井石夫人はともに二十一才という同年齢である。トレードでいそがしい球団幹部も全員出席して、両投手夫妻の前途を祝った。シーズンオフでないと、式ができないので、重なったのだろうが、まだ結婚したといっても実感がわかないという二人。来季の有望株妻島井石が結婚を機にどう飛躍するか。なお七日には栗本投手、一月には児玉選手が結婚する。

宮田が、八時半の男なら、うちには八時の男がいるんだからと、真田コーチが自慢していた。誰れのことかと思ったら妻島。そういえば、三十日から三日まで一日試合のなかった以外は四日連続で登板、時間も大体八時頃であった。まねをしたと思われたら、しゃくだから、こっちは早いうちにだすことにしているんだ妻島は、この四日間で得点されたのはわずか一回で、名火消し役となっている。真田コーチの言を妻島に伝えたら、はにかみ屋の彼とんでもない。からかわないでくれとてれていた。

広告を非表示にする