海と空の正式譲渡とクロネコヤマトのトライアル入り

昨日は午前中ギリギリで、ヤマトを1月も預けていた病院へトライアル行く前の健康チェックとご挨拶、チップの証明書の受け取りなどに行きました。

先生はヤマトが相当好きになっちゃって、この2週間は私の家にいたのに、なんだか嬉しそうというより寂しそうでちょっと面白かったです(笑)

その後、すぐ近所徒歩2分の海と空(A町4兄妹のうちの2匹)が正式譲渡になって、お家にお招きいただいたのでお近くなのもあり、手続と海と空の様子を見にお邪魔させていただきました。

里親さんからのご報告は、いつも2匹の様子がどうなのかだけではなく、将来どんな子に育っていくのかを楽しみにしているという視点も入っていて、あぁ、命を預かって育てるって、こういうことを言うのだなあ、と逆に教わることが沢山ありました。

人によっては大きな悩みとなる、例えば、なかなか馴れないとか、ウンチがちょっと緩いとか、慣れてきたら慣れてきたで運動会の騒音が酷すぎたり(私なんてつらいです。ほんと、つらいですから。。)、先住さんとの関係や距離であったり、ということも、海と空の里親さんは全部受け入れてくれていて、それだからキャンセルするとかいう考えがそもそも最初からなくって(すみません。私からそう見えただけで言われたわけではなく。)、また1匹ずつに対してものすごく良く観察したり考えてくれており、2匹もゴロゴロ言うまでに心開いてます。

トライアル中になんとこのブログを全部読みきってくださったそうで、それでもこんな私にも引かずにお優しいお言葉を掛けてくださって、、

私のような保護主とあまりにも家が近いと鬱陶しいのではないかな?などと内心思っていたので契約書もポストにお入れしておくと最初は申したのに、是非海と空にも会ってください、とお声かけていただいたのです。

ヤマトのトライアル入りも控えていたので、すぐにお暇するつもりでしたが、なんだかんだ話し込んで、私のブログの中でもシルクはどうしているのですか?などと聞いてくださって、シルクの幸せのことまで考えてくださり嬉しかったです。

そして、3人のお子様を育てあげて、上のお二人のお子様はすでに独立されているとのことで、ようやく自分の時間も持てるようになったという里親さん。

何か猫の為にも力になれることをやっていきたいと思ってくださったそうです。

保護猫を通して活動が拡がっていくのはとても嬉しいことです()

お子様の古着を利用してシェリーメイちゃんのお洋服作りをされているそうで、バザーなどあれば出品してくださるとありがたいお言葉をいただきました。

靴などもすごい可愛かったです。

外では水を掛けて厄介払いされていた子達が、こんなに幸せになれて良かったです。

その後急いでヤマトのトライアル準備をして、片道1時間20分位で頑張って行ってきました。

ヤマトは本当に健気なこで、うまくいくことを願っています。

ケージフリーにできるトライアルなんて、いつ以来だろうか?

ヤマトの保護経緯などは、トライアルが終わったら併せてご報告します。