マリア

今年5月の終わりごろ、

ラクシュミーと共にある宇宙の宝で

千年にひとりの大魔法使いに

鑑定してもらいました。

そのとき

マリア様みたいな

エネルギーを感じるよ。

クロスかメダイなんかを

持つといいよ。

と言っていただきました。

わたしの持ってた

マリア様のイメージって

処女懐妊で

エスを産み

信仰の対象になっている。

と、至って貧相なものでした。

キリスト教に興味はありませんし、

まあ、どの宗教にも

同じような感じですけど。

そしてわたしとは

かけ離れた聖女のはず。

正直、なぜわたしに

マリア様的なものが??

と不思議でした。

自分では感じたことも

ありませんでしたし。

その後、

聖母マリアのメダイを

探し続けていたけど

なかなか気に入るのがなくて

まだ手元にありません。

このようなものです

一体なにが気に入らんのか

考えてみると、

宗教的な言葉や絵柄の

入ってるものは嫌でした。

でもそういうタイプが大半です。

お顔だけのものもあるけど、

表情が苦しそうと感じたり

素材が金属アレルギーには

無理だったりで

コレ!というのがないんです。

なんかそうやって

聖母マリア

意識していると

疑問というか

ひっかかるところが

出てきました。

まず処女懐妊てないやろ、と。

当時、人工授精的なことが

あったなら可能性はあるかもだけど。

それについて

ざざっと調べていたら

こんな一文がありました。

情欲による交わりなく懐妊

情欲って

わかった。こういう考え方が

受け入れられないんやな。

情欲に何愛が含まれていたら

情欲から愛し合うに昇格できるのか。

情欲の末に生まれて来たから

生まれながらに罪穢れがあるのか。

彼らの言うところの

情欲を罪穢れとして

抑圧すればするほど

暴走したら止まらないでしょう。

教会が魔女狩り

積極的だったのも

そんな理由だったのかもしれません。

ほんまに酷いことしてたよね

日本の瀬織津姫

誰かの都合で

いないものとして

隠されてしまっていたようです。

ふと思ったけど同じように

マリアも宗教にとって

都合がいいように

作り変えられたのではないかな。

では、素のマリアは?

慈愛だけじゃない

もっともっと

宇宙とか愛とか熱とか

生み出すエネルギーとか

そんなの感じます。

ちょっと瀬織津姫

通じるところもある感じです。

それでもやっぱり

ひとりの女性であることに

変わりはないのですが。

で、メダイどうしよう。。。

広告を非表示にする