エルレに溺れたままなんだけど、モノアイズがかっこいい。

バンドの解散や活動休止ってまるで失恋の様な心情に陥る時もあるって思う。

細美武士さん率いるエルレガーデンの名曲の1つにスターフィッシュと言う曲があって。

-こんな星の夜は君がいてくれたなら何を話そう-

ってフレーズを2000年初期のあの時、自分の大事なあの人を思って聴いてたところ、

今となっては、エルレがここにいてくれたらなんて思ってしまったり。

エルレガーデンとは、1998年に結成し、2008年に活動休止したバンド。

なんて偉そうに語る私は当時からめちゃくちゃ好きだったとか言う記憶はなく、

凄く個人的な話オンパレードしますが、

エルレといえば私が中高生の時に大ブームになって、要は世代ど真ん中な訳で、

でも私は当時ポルノやアジカン聴いてた身で、

エルレはなんか英語の曲も歌うしかっこよすぎて自分の枠を超えていると、あまり聴かなかったんですが、

アルバムPepperoniQuattroに出会った。

高校時代にめっちゃ好きだった人がいなくなって、その辛さからなけなしのバイト代で色んな曲レンタルして、何でもいいから自分の気持ちを代弁するというか心の溝を埋める様な曲を呪いの様にたくさん探してて、

そこで出会ったスターフィッシュという曲が大好きで、たぶん今でもそれ入ったMD持ってる気がする。

だけどおそらくそれ以外の曲をほとんど聴いてない。ジターパグぐらいしか知らなかったし、Missingもそれほど覚えてないし、風の日なんてたぶん活動休止後に知ったかも。

そこから年をとるごとに、自分の聴く比率がJ-ROCKJ-POPになってきて、

高架線が入ったアルバムあたりはもうリアルタイムで結構聴いてた。大学くらいかな?

そんな中、いきなりの活動休止。あれ?みたいな感覚だった。

法律上大人になってた私が思ったのはいや、まだまだ終わってないしむしろ売れまくってるしなぜ?って思ってた。

その考えが大人ではなく子供だってのは今になって解ったんだけど

私でさえそんな気持ちになったんだから、当時のファンの方は、本当に辛かったと思う。

自分らの心の隙間を埋めてくれる様な存在だった美しい楽曲、

そんなエルレがいなくなるんなら、

まさに、心にぽっかり穴が空いた様な感情を抱いて生きていかなきゃならなくなる

そんなエルレのフロントマン、細美さんがtheHIATUSというバンドを結成。

そういえばHandsOfGravityというアルバムを聴いた感想はこれだった。

なんかめっちゃ凄いけど、エルレっぽくはない。

改めて思うと酷い感想だな、って思うけど、

どうやらそう思ってる人は結構いるみたいで。

エルレをリアルタイムで聴いてた人間からするともはや出る曲出る曲に対して、

エルレっぽいかどうか

を見てしまう節があるんじゃないか。

それぐらい、エルレがすごいバンドなんだと再認識させられる。

私たちはきっと、エルレガーデンから離れられない。エルレに溺れている。

恋にも似た、呪縛にも似た、そんな感情。

そしたら案の定、ハイエイタスと同時並行して結成したバンドMONOEYESの曲の感じがめっちゃエルレだった件。

メロコアなのかパワーポップなのか、

ガチガチのロックながらもどこか親しみやすさとか、胸を締め付けられる展開がある曲調とか、そういうのをサラッと入れてくる細美さんマジ天才!が再来。

私1stアルバムではこの曲和訳歌詞もめっちゃ泣ける!か、LikeWeveNeverLostサビのメロディラインで胸が熱くなるがお気に入りで。

前置き長くてすみません。ここからが本題です。

先日、モノアイズの2ndアルバムDimTheLightsが発売されましたが、

結論を言うと、1stアルバムとはまったく違うものだった。

凄く簡単にまとめると、

1stはエルレ色が強い超メロコアで、

2ndは細美さんらしさもありながら、かなり現代向けに作られてて、

よくいえば聴きやすい、悪くいえば遊びが少ない。

だからこそ、1stのあの感じが好きだった人は戸惑うかもしれないけど、

私は今回のアルバムを聴いたとき、不思議と、

潔さ暖かさを感じて、同時にいい意味で吹っ切れた様な、そんなものを感じた。

スコッチが作詞作曲ボーカルを3曲程担当してるんだけど、

私がこのアルバムでめちゃめちゃ好きな2曲はスコッチ作品であったり。

まずRoxette。これは曲調と歌詞のバランスが良すぎる夏の名曲。

和訳にて、サビのロクセット夏はどうして終わるんだと言うフレーズによって、

やっぱりエルレの現時点での最後のシングルが夏だった事を思い出して切なくなってしまうのはきっと私だけじゃないですよね。

Borders&Wallsがまた可愛い。ブルエンあたりがやりそうな曲。

超ポップ。スコッチシカゴの人がむしろ一番ポップやってる!ってのに凄く嬉しくなる。レッツゴー!が可愛い。

といいつつも細美さんだって相変わらずやってくれてます。

冒頭のLeavingWithoutUsから痺れる。

1番からの2番のAメロのは熱い。最高にロック感じるのはやっぱりこの曲。

2曲目FreeThrow。痺れる。

あー、細美武士ってやっぱりかっこいいな、ってなってしまう。これは本気出しすぎてる。

親しみやすいとか話しながらも1、2曲目はなかなかな重さ。

ラストの321Goなんかずるい。バラードじゃなくて確実に聴き手を泣かすのはずるい。

まだ聴いたばかりなので、これから新しい発見があると思うんですが、

そもそもスコッチ曲を好きになる時点で、エルレ細美武士のバンドとしてじゃなく、モノアイズとして好きになってるのは明らかなのだろうと言うのが私の中で解った事。

音楽雑誌で細美さんが話していたのは、

エルレと同じじゃ意味がない

と。

きっと彼の中にあるのは安定じゃなく、野心や進化なのだろう。

天才だからその場所に留まっているのではなく、常にそう言う変化を意識ている。

もし、彼がエルレをずっとやっていったのであれば、それはそれで嬉しいんだけど、

おそらく何か違うと思いながら音楽をやっていく細美さんであれば、そう言う違和感は私たち聴き手にも確実に映っていく。

DimTheLightsに感じる潔さには違和感なんてものはなかった。

来年はエルレ結成20周年。

きっとエルレ復活があるとしたらそれは、

細美さんが本気でエルレに戻ってきます!とかそう言うのはまずないと思う。

おそらく、ファンへのサプライズか何かだと思う。それでも嬉しいんだけど

きっと私たちはこれからもエルレに溺れ続ける。

スターフィッシュとか、風の日とか、とか、いろんな曲が自分の胸を締め付けて、偶にどうしようもなくなるこの感情は、

まるで元恋人への未練の様で。好きな人を忘れられない感情の様で。

だけど同時に、きっと私たちは、

エルレに恋して、モノアイズを愛してる

んじゃなかろうかと。

エルレのベーシストうぶさん務めるナッシングスは9月にライブ行きます。

ハイエイタスもちゃんと聴こう。きっと今度は好きになる。

来週夏フェスで初めてモノアイズ見ます。

全国ツアーも行きたいなぁ。チケットもう取るの難しいかな?

前向きに楽しみがたくさんあったりして。

だからこそ、だけれど、最後に。

Sinceyouleftwestillcantsleepatnight

WereMissingWereMissing

WereMissing